学生がキャッシングをする場合、大手消費者金融などより学生だけに融資を行っている専門業者の方がいいのでしょうか? どちらにもそれぞれメリットとデメリットあるのでそれを見ていきたいと思います。

まず、大手消費者金融では学生は基本的にアルバイトの人と同じ扱いです。学生だからと言って特に制限のようなものはなく、決められた上限額もありません。定期的な収入さえあれば、年収に換算してその1/3までの借り入れが行えます。

一方、学生専門の業者では最初から20万円や30万円といった上限額が決められていることがほとんどです。そして、両親の住所や職業なども申込み時に必要になることがあります。大手消費者金融のように本人の情報だけでは審査を行わず、例えば父親が名前の知れている企業に勤務しているようなケースでは審査が優遇されることも珍しくありません。

つまり、キャッシングの契約はあくまで本人が行うので、返済も本人が責任をもって行わなくてはいけませんが、まだ学生だけに、いざとなった時には両親が助けてくれるだろうと見越しての契約になることがあるのです。その為、場合によっては両親の勤務先への在籍確認があるかも知れません。

これはデメリットでもあり、メリットでもあります。本来なら契約は難しい状態でも、両親の世間的な立場などによっては契約できることもあるからです。

このように、大手消費者金融なら自分の立場だけで契約を行えますが、学生専門業者ではそうでもないケースもあるということを覚えておいてください。また、金利的には大手消費者金融より低くなっていることが多いので、うまく利用すればお得になります。

どちらを利用した方がいいかはその本人の事情次第だと言えますが、サービス面では圧倒的に大手消費者金融の方が優れているのは間違いありません。