銀行カードローンは、今やインターネットを利用することでWeb完結で申し込みから契約が出来ます。来店不要なだけでなく、印鑑不要ということから自宅から離れた場所からでも手続きが出来るため、便利です。しかし、カードローンの審査の仕組みを理解しなければ、契約できなかった場合、約6ヶ月は他のカードローンを申し込みしても審査通過は厳しくなります。

特に仮審査だから安心と言うものではなく、個人信用情報の照会がされてしまい、履歴が残ってしまうカードローンもあります。そのため、申し込みする際は、仮審査と言い本審査の一部になっていないか確認するのが重要です。例えば、申し込み前にフリーダイヤルから審査の流れを確認する、申し込みのフローや同意事項に個人信用情報への情報登録という項目の有無をチェックするのがポイントです。

仮審査段階で、個人信用情報に情報登録がされなければ、他社の仮審査を同時に受けることも可能です。ただし、他社の仮審査でも、個人信用情報への情報登録がされないかを見分ける必要があります。例えば、もう一社での申し込み履歴が残っていると本審査において審査落ちする原因となり得ます。仮の審査だからといって油断していると本当に必要な借り入れが出来なくなる可能性もあり、事前に確認するのが肝心です。