私の友人の話ですが、年末に急に予定外の帰省をしなくてはならなかったとき、キャッシングでお金を借りて帰省できたというのを聞いたことがあります。自分のお金が入っている銀行口座が、休日のために利用できなかったそうです。どうしても帰省しなければならず、持ち合わせの現金も足りず、考えた末に消費者金融でカードを作って、必要なお金を借りて、無事に帰ることができたとのことでした。

消費者金融のキャッシングというと、多くの借金を抱える人が利用するようなイメージがありますが、この友人のように、どうしても必要なお金が引き出せない時に使うという利用の仕方もあるのだなと考えが変わりました。

キャッシングは金利が発生しない時期に借りたお金を入金すれば、借りた人が困らずに返すことのできる借金なのです。どうしても、借りっぱなしで金利が発生してしまい、お金が入ってから、借りたお金より多く返さなければならないというイメージがつきもののキャッシングですが、かしこく使えば、困ったときの味方になってくれます。

普段から、お金とうまく付き合える方には、消費者金融も自分のために利用することができるのです。こういった利用の仕方、大きく言うとお金についての教育は、家庭や学校で、子供のころから浸透させたいものです。