消費者金融や銀行カードローンが扱っているキャッシングは無担保による貸し付けがほとんどです。

そのため借り入れ限度額も他のローンに比べると多くはありませんが、生活費の足しなどちょっとした出費に対応できる便利なサービスでもあります。

無担保キャッシングで重要になるのは利用者の信用にほかなりません。

そのため審査の前には申し込み書類の確認や本人確認が行われ、確実に本人であるかどうかチェックされることになります。

キャッシングを確実に行いたいからといって申し込みの際に虚偽の記載をするようなことがあると信用情報に大きく影響することになり、内容によっては罪に問われることにもなりかねないため正直に申告するようにしましょう。