個人向けのキャッシングサービスには総量規制という規定が適用されます。この規定によって、1社からだけでなく全てのキャッシングを合計して年収の1/3までが借りることのできる上限です。

総量規制は貸金業法上の規定なので、この法律ではなく銀行法が適用される銀行や信用金庫には総量規制という概念自体がありません。よって、銀行や信用金庫からの借り入れはカードローンや住宅ローンなど、全て総量規制の対象外です。

総量規制が適用される消費者金融などの金融業者でも、その対象外となるキャッシングがあります。その1つは他社からの借り換え専用のおまとめローンと呼ばれているキャッシングです。そしてもう1つ、借りたお金の使い道が決まっている目的別ローンも総量規制が適用されないキャッシングになります。

この目的別ローンとは、商品の購入や特定のサービスを受ける為に支払い先が決まっているお金を借りる為のキャッシングです。結婚式の費用、出産に必要な費用、引っ越しの為というような目的でも構いません。ただし、個人的な旅行費用の為など、遊興費として使う目的では利用できないことが多いので注意してください。

目的別ローンを利用するにはその目的に掛かる費用をきちんと説明しないといけません。その為に購入する商品や受けるサービスの見積書などを提出する必要がありますが、審査に合格できれば高額の借り入れを行うことも可能です。

また、目的別ローンは総量規制の対象外というだけでなく、同じ金額を書いた場合でも利用目的が自由なフリーキャッシングより金利が低くなっているので、これを利用できる場合はすすんで利用するべきだと言えます。